こんにちは、美容コンサルタント 美上です。

 

今日は紫外線が肌にもたらすダメージは深刻さについてお話したいと思います。

 

肌老化の原因の80%は紫外線、肌老化の外的要因のダントツ1位と言われています。

 

紫外線はただ日に焼けてしまうだけではありません。その他にも、シワ、たるみ、毛穴など、様々な肌老化を引き起こします。

 

ですが、そもそも紫外線の何なのでしょうか…そして、どうしてお肌を傷めるのでしょうか?

そもそも紫外線ってなに?

紫外線とは太陽光を構成する光のひとつで目には見えません。太陽光を構成する光の種類と構成比はおおよそ次のとおりです。

このグラフからわかるうように紫外線量は実は太陽光のたった10%しかないのです。

それなのに、そのわずか10%の紫外線がお肌に大きなダメージを与えるのです。

それはなぜなのでしょうか?…

 

 

答えは「強さ」なのです。

太陽にはオゾン層が取り巻いていて、オゾン層は太陽の周りでフィルターのような役割をしていいます。なので、オゾン層さえあれば、肌に到達する紫外線の量も少なく済み、仮にオゾン層を通り抜けたとしても肌に到達する際の力は弱まっているのです。

しかし、昨今の地球環境の問題上、オゾン層はどんどん破壊されてしまい、肌に与える影響が増大する一方に…

紫外線は私たちの肌の容赦なく降り注がれる環境になっているのです。

肌老化最大の敵「紫外線」の種類を知ろう!

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つ種類があることはご存知の方も多いことと思いますが、それそれにどんな特徴があり、肌のどんな悪影響を及ぼすのか、正しく理解されている方は多くはないのではないでしょうか。

お肌を紫外線から守るために、それぞれの特徴を知っておきましょう。

 

UV-A

特 徴

紫外線の焼く90%を占めるのが紫外線A波(UV-A)です。エネルギーは弱いのですが、1年中地表に届き、肌にも到達しています。

雲を通り抜けると言われているため、日の光を感じない雲の日でも、照射量は変わらないので、見た目で油断してはいけない紫外線です。

肌への影響

波長が長いため、肌の奥深くまで(真皮層まで)到達するため、シワ、たるみを引き起こします。

真皮層には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が存在し、肌のハリ・弾力を支えている層。

紫外線A波は、コラーゲンを断絶・破壊しますので、肌のハリ・弾力を奪い、シワ・たるみを引きこしこます。
老け顔を加速させる要因を作るのです。

 

 

UV-B

特 徴

本来であればオゾン層が吸収してくれるため、紫外線A波に比べると地表には届きにくいのが特徴。

そのため、地表に届く季節や日よりには条件があります。
つまりは、太陽光の強い季節や晴天の日に、より地表に届きやすいのです。

ただし、昨今のオゾン層の破壊問題により、紫外線Bも肌に到達しやすくなっているので、通年ケアの必要性があります。

肌への影響

日焼け、シミ、そばかすを引き起こします。これは、紫外線B波がメラノサイトを刺激するため。

メラノサイトが刺激されると、シミの元となる「チロシン」という物質が発生。

チロシンは、チロシナーゼという酵素の影響を受けて、少しずつ褐色化しながらターンオーバーとともに肌の上の方へ押し上げられて、刺繍的に角層に入って定着すると「シミ」と名前を変えます。

ちなみに、褐色化するごとに「チロシン → ドーパ → ドーパキノン → メラニン → シミ」と名前も変化。

確かに、紫外線B波は、紫外線A波と比較すると肌の浅いとこまでしか到達せず、具体的は角層までです。

しかし、これは安心材料にはなりません。

有害性は紫外線A波の100~1,000倍もあります。このため、日焼け、シミ、そばかすなど、美容面だけでなく、健康面での影響も気にした方が良いでしょう。

健康被害については、免疫気力の低下、皮膚がんなどと関係があると言われています。
また目に入ることで白内障に恐れもあると言われています。

 

 

UV-B

特 徴

紫外線の中では一番有害性が高いといわれていますが、一般的には紫外線C波を気にしながら生活をしている人は少ないかもしれません。要は肌へ到達しにくいのです。

現在はオゾン層がほぼ吸収してくれます。しかし、地球環境の問題上、紫外線C波が地表に到達する可能性は非常に高いと見る専門家が多いのも確かです。

肌への影響

前述の通り、オゾン層が吸収してくれるため、肌への影響も今との頃はほぼありません。
しかし、もし、今後、紫外線C波が地表に到達すれば私達の美容、健康を脅かすことは間違いありません。

 

 

紫外線UV-AとUV-Bの違いは?

紫外線「UV-C」は地表に到達しないため、お肌への影響はほぼないですが、「UV-A」「UV-B」については、お肌に致命的なダメージを与えることをしっかりと覚えておくことが大切です。

それぞれの紫外線が、肌に及ぼすダメージをイラストで確認するこのようになります。


UV-Aはしわ、たるみを引き起こし、UV-Bはシミ、そばかすを作ると覚えておきましょう。

紫外線からお肌を守る効果的な対策

今後の地球環境を見通した場合、紫外線がさらなる脅威になる事があっても、その逆はまずないでしょう。

肌老化を加速させないためにも、先ずは紫外線を防止することを習慣化することが大切です。

紫外線を防止するアイテムとして、紫外線防止関連の化粧品、日傘、アームカバー、帽子など、様々なアイテムがあります。

近年では、目から入る紫外線も有害であることが分かっています。サングラスやつば付きの帽子なども必要です。

紫外線防止剤のSPFとPAのこと、ちゃんと理解していますか?

紫外線対策には紫外線防止剤が必須です。

化粧品会社からはクリーム、ジェル、パウダー、スプレーなど様々な紫外線防止アイテムが発売されています。

紫外線防止剤は、紫外線A波、B波の両方が防げるようになっていますが、でも、何気なく判断して買われている方も多いのはないでしょうか。

折角、紫外線対策しているのにその効果を半減させないためにも、「日焼け止め」のことをちゃんと知っておくことが大切です。

SPFの数値はなにを意味するの?

紫外線防止剤の容器に書かれているSPFとは、紫外線B波(UV-B)を防ぐ時間の目安です。

一般的にお肌が赤くなってヒリヒリするまでの時間(サンバーンを起こす)が20分と言われています。

つまり、

20分は1時間の1/3ですから、
【SPF数値÷3=防御可能時間】ということになります。

例えば・・・

SPF30の場合であれば、30÷3=約10時間は、サンバーンを起こすまでの時間を延ばせるという目安

つまり、数値が高いほど防ぐことができる時間が長くなります。

 

PAってなに?

PAは紫外線A波(UV-A)を防御する強度を表しています。

PAのあとに書かれてる「+」の数で強度を示していて、数が多いほど強くなります。
現在の最高表示は「++++」で、強さの目安は次のとおりです。

 

「+」強度目安
+   :防御効果がある。
++  :とても効果がある。
+++ :非常に効果がある。
++++:極めて効果が高い。

ご自分のニーズに合わせて選び、使い分けするといいかと思います。
こまめに塗り替えることも完璧な紫外線ケアの条件です。

 

SPF30+20でSPF50になるわけではない


紫外線防止剤に書かれているSPFやPAの数値の足し算は出来ません
もちろん重ね塗りは防御力を増します。

しかし、SPF20とSPF30を組み合わせて使ってもSPF50の効果があるわけではないのです

そのため、紫外線防止剤とその他のアイテムを合わせて使うことで、より確実に紫外線を防止することが必要です。

食べ物で紫外線対策!

紫外線ダメージから細胞も守る効果が注目されています。これは、第7の栄養素と言われる「フィトケミカル」です。有名なところでは、リコピンなどは聞いたことがある方も多いことでしょう。

夏野菜であるトマトは太陽に光を浴びて赤く熟していきますが、自身の細胞までが壊されないように、紫外線から身を守るためのリコピンが豊富に含まれています。

これは人間にとっても良い影響を与えます。

また、これを利用したサプリメントなども発売さています。このように、体の中から紫外線ダメージを防ぐ方法も注目です。

  にほんブログ村 美容ブログへ

Twitterでフォローしよう