こんにちは、美容コンサルタント 美上梨花です。

今日はオーガニックについてお話したいと思います。

 

「オーガニック」という言葉が浸透し、食品や化粧品など様々な製品に用いられるようになりました。

 

化粧品にもブームが続いて「オーガニック」=「肌にやさしい」=「安全」というイメージだけが一人歩きし、肌にいいものだけを配合している化粧品のように思っている方が多いかと思いますが、オーガニック化粧品には実は誤解がいっぱいなのです。

 

その誤解を解くべく、オーガニック化粧品の長所と短所を解説していきます。

オーガニック化粧品ってどんなもの?

 

「オーガニック」は「有機の」という意味を示します。

日本においては、有機栽培の植物が含まれる食品や化粧品のことを一般的にオーガニック製品と呼んでいて、オーガニック食品には「有機JAS」という認定がありますが、化粧品に関しては特に基準がないことが実情。

したがって、化粧品を「オーガニック」として売り出すかどうかはメーカーの判断に委ねられているので、例えば、有機栽培でつくられた植物をひとつでも使った製品でも「オーガニック化粧品」と称することができてしまうのです。

一方、欧米ではオーガニック化粧品に関する基準が厳しく、「95%は自然由来の原料でなければならない」などのルールを設置している団体もあり、有名メーカーから販売されているオーガニック化粧品であれば信頼できるというものもあります。

信頼できるから安全というわけではないですが、以下のような団体によって基準が設けられているので、日本のオーガニック化粧品よりは設定が曖昧ではなく明確であると言えます。

欧米の代表的オーガニック団体

団体名 概 要
コスモス BDIH(ドイツ)、COSMEBIO(フランス)、ECOCERT(フランス)、英国土壌協会(イギリス)、ICEA(イタリア)の5団体がオーガニック、自然化粧品の世界統一基準(コスモ基準)を決めるため、2010年に設立。20%以上オーガニックであることが基準。
エコサート(フランス) 世界最大規模のオーガニック認証団体。1991年設立。植物原料95%以上必須など、厳しい基準が設けられている。
コスメビオ(フランス) 2002年設立。95%天然精油、石油由来物質使用不可など、エコサート基準を満たしていることが基準。
イチェア(イタリア) 石油由来、遺伝子組み換え、合成着色料、合成染料、合成シリコン、合成誘導体、動物由来原料などは使用不可などの厳しい基準が設けられている。1982年設立。
ソイルアソシエーション
(英国土壌協会)
土壌協会ならではの肥料から栽培方法まで厳しい基準がある。1946年設立。
デメター(ドイツ) 厳しい基準が設けられているといわれているオーガニック認証のひとつ。1954年設立。

エーシーオー
(オーストラリア)

厳しい基準が設けられているといわれているオーガニック認証のひとつ。2002年設立。

オーガニック化粧品の長所・短所

オーガニック化粧品と聞くと「お肌にやさしい」というイメージから、意外と知られていない落とし穴があります。

ここでは、オーガニック化粧品のメリット・デメリットを見ていきましょう。

オーガニック化粧品のメリット
・基準に則して作られた製品なら肌にやさしい
・化学物質が少ない
・天然の安全性
・自然な香り

 

オーガニック化粧品のデメリット
・日本ではオーガニック化粧品の定義が曖昧
・化学物質がゼロではない
・植物成分が刺激になる可能性も
・乾燥・物足りなさを感じることがある
・保存期間が短い

このように、オーガニック化粧品には一長一短といえる特徴があります。

一番問題なのは、やはり日本においてはオーガニック化粧品の定義が曖昧であること。

海外の基準に則して作られたコスメなら信頼度は高まりますが、人によっては乾燥を引き起こして逆に肌トラブルが生じる可能性もあります。

無添加、自然派、天然由来ってオーガニック化粧品と違うの?

化粧品には無添加、自然派、天然由来など、その化粧品の特徴を謳っているのもがあり、みんな同じように捉えがちですが、これらの意味は異なります。

無添加は文字通り、パラベンなどの防腐剤、合成の香料、界面活性剤、鉱物油、着色料などの添加物を使っていないということ。それぞれのメーカーで添加していない成分の内容もマチマチです。

また、自然派や天然由来というのは、植物のほか自然界のものを配合している化粧品のことで、分類としてはオーガニックはこの中に入ることになります。

ただ、これをオーガニック化粧品と謳って広告しているものと、自然派化粧品、天然由来の化粧品などど称しているところもあり、統一基準はないためメーカーの判断に委ねられています。

オーガニック化粧品を選ぶ際のポイント

オーガニック化粧品を使ってみたいと考えている方に、購入時のポイントを解説していきます。
どれも重要な内容ばかりなので、一つずつ確認してみてください。

Point1 信頼できるメーカーであるか見極める

日本では有機栽培の植物が一部でも使われていたら「オーガニック化粧品」として販売可能。

本当に信頼できるメーカーかどうか、ホームページを確認してオーガニック原料の割合や製造過程などをチェックすることをおすすめします。

口コミからメーカーや製品の評判を探るのも失敗しないための方法です。

 

Point2 化粧品の成分をチェックする

2001年に化粧品の規制が緩和され、メーカーの責任において自由に化粧品を製造・販売できるようになりました。

その際、化粧品の全成分の表示を義務づけることになったので、あらゆる化粧品には成分表示があります。
オーガニック化粧品の購入を検討するときは何が含まれているか見ておくと安心です。

 

Point3 まずは少量からお試し
天然由来だからといってお肌に良いかというと、必ずしもそうではありません。
植物由来の成分が刺激になることもありますし、場合によってはアレルギーを引き起こすことも…特に敏感肌の方はアレルギーであるケースがほとんどと言えるので、オーガニック化粧品はハードルが高いと思っていた方が無難です。

ずはトライアルコスメから試すか、パッチテストをしてみることは習慣化してください。

 

Point4 オーガニックにこだわりすぎない

オーガニック化粧品を使うと乾燥や物足りなさを感じ、逆にお肌の悩みが増えてしまう人もいます。無添加にこだわった製品は劣化しやすいなどの欠点もあります。

化学物質は必ずしも悪いものではなく、肌に影響がないことが証明されている成分ならば、逆に化粧品の効果を引き出してくれることも…

オーガニックにこだわりすぎず、肌の悩みに応じた化粧品を選ぶのも良い選択でしょう。

オーガニック化粧品についてのまとめ

「オーガニック化粧品」というと印象は良いのですが、日本では明確な認定基準がない以上、自分で取捨選択する姿勢が重要になります。

「オーガニック」という謳い文句に流されるのではなく、製品の特長や機能を熟知した上で、本質的に自分のお肌に合った化粧品を選ぶ姿勢が大切です。

  にほんブログ村 美容ブログへ

Twitterでフォローしよう