こんにちは、美容コンサルタント美上です。

 

女性のお肌の悩みは、毛穴、シミ、しわ、たるみ、この4つに大半が集約されます。

今日はそのうちに一つ「毛穴」についてお話したいと思います。

 

毛穴が開いてきた、黒ずんできたなど、毛穴の悩みを抱えている人は本当に多いですね。

 

毛穴の目立ちは、おもに過剰な皮脂分泌やハリ弾力の低下などがあげられていますが、遺伝、年齢、ストレス、食生活なども影響します。

 

でも、それらがどう関連して毛穴が目立っていくのか、きちんと理解していますか?

 

大人の毛穴には、大きくは4つの特徴があります。その検証しながら正しいお手入れ法を学んでいきましょう。

毛穴目立つ8つ原因

お肌の毛穴は、ただ単にパックリ開いているというだけではありません。

 

見た目としては、毛穴が楕円状に伸びているように見えたり、その楕円状の毛穴が連なって、遠目にはシワに見える事もあります。

 

そもそも、肌は毛穴か分泌される皮脂によって皮脂膜をつくり保護されています。毛穴はもともとお肌の存在するものなので、消すことはできません。

 

でも、なぜ毛穴は目立ってしまうのでしょう…

 

毛穴が目立ってしまう理由はいくつかあります。その中でもメインとなる8つをご紹介しましょう。

 

① 皮脂過剰分泌・インナードライ

毛穴の開きの一番の原因は、皮脂の過剰分泌です。

 

しかし、脂性肌の方だけが毛穴が開いているのではありません。過剰皮脂分泌とインナードライは表裏一体と考えましょう。

 

年齢肌に見られる傾向は、インナードライから来る部分的な皮脂の過剰分泌です。

 

つまりは水分不足で乾燥している方も皮脂の過剰分泌が起こるという事です。

 

年齢を重ねると肌内部の水分が不足します。これをインナードライと呼びます。

 

この時、肌は何とかして潤わせなければいけないと、皮脂を分泌します。

 

皮脂は、皮脂腺で作られ、毛穴を通って肌表面に出てきますので、過剰な皮脂量で毛穴が押し広げられてしまうのです。

 

 

② ターンオーバー不良

年齢を重ねた肌はターンオーバー(肌の生まれ変わり)日数周期が長くなります。

 

この時、古い角質が肌表面に積もってしまい、それが剥離したものが固まって毛穴に詰まってしまいます。この古い角質は角栓の元になります。

 

角栓は、70%が古い角質、30%が皮脂です。

 

つまり、ターンオーバー周期が長くなればなるほど、古い角質が溜まって角栓が肥大化し毛穴を拡張させてしまいます。

 

 

③ 外的刺激

日常的に肌を触るクセがある方は要注意です。

 

また、間違ったマッサージや、クレンジング・洗顔で必要以上に圧や摩擦をかけている方も毛穴が目立つ傾向にあります。

 

 

④ 紫外線

肌老化の80%は紫外線と言われる程、紫外線ダメージは深刻です。

 

紫外線によって、乾燥やたるみを引き起こします。

このどちらも、毛穴が楕円形に伸びて毛穴が目立つ原因になります。

 

さらに、紫外線は私達の肌の表面を覆っている皮脂膜を壊してしまいます。

 

この皮脂膜は、肌の潤いを守るバリアの役割をしてくれていますが、壊れてしまうと、肌の中の水分や保湿成分が簡単に抜けて出て行ってしまいます。

 

さらには、バリアが無くなった事で、紫外線を直に受けてしまい、肌表面がダメージを受けて、さらに乾燥、たるみによる毛穴目立ちのスパイラルに陥ります。

 

 

➄ 乾燥

乾燥は肌をしぼませてしまいます。

 

ふっくらと、ハリ・弾力のある肌は毛穴が肌に埋もれるように見えない状態になりますが、乾燥してしぼんだ肌は毛穴が丸見えになり目立ちます。

 

また、乾燥はターンオーバー不良にもなりますので、毛穴目立ちにとっては悪循環です。

 

 

⑥ 表情筋の衰え

肌がたるむことで、毛穴が楕円形になり、縦に伸びてしまい目立ってしまいます。

 

この楕円形に伸びた毛穴は年齢毛穴の最たるものです。肌のたるみは表情筋の衰えが原因です。

 

 

⑦ コラーゲン減少や質の低下

肌がたるむ原因として、もう一つ挙げられるのがコラーゲンの減少です。

 

年齢と共に、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンは減少し、質も低下します。

この状態では肌全体を支えきれなくなりたるみを引き起こします。

たるんだ肌は毛穴が楕円形に伸びてしまい目立ちます。

 

さらに、たるみがひどくなると楕円形の毛穴が線状に繋がって見えてしまい、遠目から見ると深いシワのようにも見えるため、余計に見た目年齢が上がってしまいます。

 

 

⑧ ホルモンバランスの乱れやストレス

女性は生理前、生理中に毛穴がいつもより目立って見えたり、ニキビができやすくなる方がいます。これは、プロゲステロンというホルモンが優位に立つためです。

 

精神的にストレスがかかっている時も同じ状態になります。

 

このプロゲステロンは、皮脂分泌を促す作用があるため、結果として過剰な皮脂分泌で毛穴を押し広げてしまいます。

 

毛穴タイプ別!今すぐできる改善策

穴が目立ってしまう原因は色々ありますが、毛穴のタイプは大きく分けて4つです。

毛穴のタイプ別に、原因を理解しそれに合ったお手入れ方法を実践すれば改善されます。

症状1 開き毛穴

開き毛穴の症状

・過剰な皮脂で肌がベタついている
・肌がテカりやすく化粧くずれしやすい
・寝起きから肌にべたつきを感じる
・鼻周辺の毛穴が特に目立つ

開き毛穴を改善する方法
・正しい洗顔とスキンケアの徹底が必要
・あぶら取り紙を使う
・進行した毛穴にはピーリングでケアを!まずは、洗顔を見直しましょう。皮脂をしっかり落とすものや、酵素入りの洗顔料などで朝晩しっかり洗いましょう。皮脂が過剰に分泌する方の多くは水分不足。水分・油分のバランスを保ってスキンケアをすることが重要。水分を補給して、それを肌内部にキープしておく為のケアが必要です。ヒアルロン酸、セラミド、プロテオグリカン等がおすすめです。

 

 

 

症状2 黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴の症状

毛穴から分泌された皮脂や老化角質、汚れなどが、空気に触れて酸化し茶色に変色。

これに、ほこりやメイクなどが混ざって黒い塊になるのが黒ずみ毛穴。

黒ずみ毛穴を改善する方法
・洗顔を見直す
・クレイ系パック、スクラブ剤を活用
・抗酸化作用の高い化粧品でケアを!

 

頑固な毛穴つまりは無理に押し出すことは厳禁。

肌組織にダメージを与えて、毛穴が逆に目立ってしまうことに…まずは、皮脂や汚れをためないために、吸着力のあるマスクや酵素洗顔などがおススメ。また、ホットタオルやスチーム美顔器などで毛穴を開かせるのも有効的です。

また、酸化して黒くなった毛穴には抗酸化作用の化粧品でケアしましょう。

 

 

 

症状3 たるみ毛穴

加齢とともにコラーゲン、エラスチンが減少しハリや弾力が低下。

その結果、毛穴を支えきれなくなり縦長に伸びた毛穴に。

頬の部分の現れるのが特徴で、さらに弾力、ハリの低下が進んでしまうと、毛穴同士が繋がって帯状になってしまうことも…

こうなると残念ながら元に戻れないので、症状を進ませないケアを!

たるみ毛穴は初期老化の症状。悪化させる前にエイジングケアを取り入れたケアを始めましょう。

たるみ毛穴を改善する方法
・レチノール入りの美容液を使う
・抗酸化作用の高いビタミンC誘導体を使う
・コエンザイムQ10配合の化粧品もおすすめ!
・クリニックで定期的なピーリングを行うコラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力に効果的な成分が配合されたスキンケア製品を選ぶと良いでしょう。また、抗酸化作用の高い化粧品の他、真皮再生効果が期待できるペプチドなどもおすすめ。深部へ有効成分を浸透させるイオン導入器も有効的ですが、無理な力で皮膚を動かすと逆効果になりますので、注意が必要です。

さらに、皮下組織の生成を高めるためにピーリングを取り入れるのもいいでしょう。

 

 

 

症状4 乾燥毛穴

角質の潤いが不足することで、毛穴の周りが凹むことで、毛穴が目立ってきてしまいます。

毛穴ケアをしようとして、洗浄力の強い洗顔料などを使っていると、逆効果となり乾燥毛穴を悪化させてます。

冬になると毛穴が目立つという人は乾燥毛穴の可能性大です!

乾燥毛穴を改善する方法
・洗顔の見直し
・徹底した保湿ケアが必要
・正しい方法でスキンケアを!乾燥毛穴は、保湿ケアを重視して、正しいスキンケアを続けていけば、比較的簡単に改善されます。スキンケア全般を見直して丁寧におこなう必要があります。先ずは、洗顔料の見直し。過剰な皮脂の落とし過ぎを防ぐためにしっとり系の洗顔料を使いましょう。そして、セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどを配合した化粧品でしっかり水分を与え、乳液、クリームも使いましょう。

例え20代の若い肌でも間違ったケア続けていると乾燥毛穴になります。正しい方法でスキンケアを!