こんにちは、美容コンサルタントの美上梨花です。

 

今回はスキンケアの間違いや勘違いのトップに挙げらることが多い「クレンジング」についてのお話をしたいと思います。

 

クレンジングは、どんな方法でも「とにかく落ちていれはOK」と思っている方が多いですが、実がこのことが間違いなのです。

 

何をしても肌荒れが治らない、どんなに保湿しても乾燥肌が改善されない…という方が、クレンジングの方法を見直したことで、お肌が劇的に改善することがしばしばあります。

 

メイクを落とすというプロセスは、スキンケアをする工程のなかでいちばんお肌に負担になるものです。

 

クレンジングを上手にすることが肌の健康の始まりと言ってもいいほど、クレンジングの仕方次第でお肌状態は変わるのです。

こんな落とし方、してませんか?

刺激は大敵!
まずは、お肌に刺激を与えないことが大切です。そのうえで、メイクや汚れをしっかりと落としましょう!

クレンジング料の種類と選び方

クレンジング料は油分と界面活性剤の配合のバランスでさまざまなタイプのものがあります。

 

最近では、美容成分を多く含んだものや、オイルでも肌にやさしいものなどもありますが、基本的には界面活性剤を多く含むものは、洗浄力が高く、さっと落とせるものの肌への負担は大。

 

クレンジング選びは、メイクの薄さ濃さなども考慮しつつ、肌質で決めましょう。

敏感肌や肌の調子が悪いときなどは、刺激の弱いものを選びましょう。

種類 肌への刺激度 おすすめの肌質
ミルクタイプ 水分を多く肌への刺激も弱く流しやすいが、油分が少ないためクレンジング力は低め。

普通~ナチュラルメイクの人におすすめ。

乾燥肌
普通肌
クリームタイプ 適度な油分があり、洗浄力も適度にあるので、肌へのやさしさとクレンジング力を兼ね揃えている。

肌も乾きにくいが油分が残りやすい。但し、メーカーによってバラつきがある。

乾燥肌
普通肌
ジェルタイプ 透明で乳化していないものは、成分に界面活性剤が多く含まれ皮脂膜を奪い取りやすいので、肌への負担は大きめ。

乳白色のクリームタイプなら比較的肌への負担が少ないものが多い。

脂性肌
普通肌
オイルタイプ 界面活性剤を多く含むので、しっかりスルッと落とせるが、皮脂も一緒に落としてしまうので、肌へのダメージも大。

乾燥が気になる方が使い場合は、濃いメイクの日だけに限定して!

普通肌
シートタイプ 油分でメイクを落とせることを省略し、界面活性剤の力だけで落とすタイプ。肌へのダメージが大。

洗浄力、刺激ともに強く、拭き取る際の摩擦で肌を傷つけやすい。
どうしてもという時以外はおすすめしない

脂性肌
普通肌

クレンジングの常識!守れてますか?

メイクしたまま寝ると…

時間が経つとメイクは、空気中の汚れやお肌の皮脂を吸着して酸化。

 

その結果、色素沈着を起こしてシミ、くすみの原因になったり、毛穴に汚れが詰まってニキビの原因に。

 

どんなに疲れて帰ってきた日でも、メイクは必ず落として!

ポイントメイクは専用リムーバーで!

マスカラやアイライナー、口紅などは専用リムーバーを使って落とすのがベストです。

特にウォータープルーフのものなどを使ったときは必須です。

 

アイメイクもきちんと落とさないと肌上で酸化し、微弱炎症を起こし、その結果、色素沈着の原因になります。

  にほんブログ村 美容ブログへ

Twitterでフォローしよう