こんにちは。美容コンサルタント 美上梨花です。皆さんにおすすめしたい美容法やコスメ情報をお届けしています。

 

今回は、世界一栄養価が高いフルーツでギネスブックにも掲載されているというアボガトについて。

 

 

あのミランダカーもトーストにつけたりサラダなどにして、毎日1個は食べるというアボカド。

私もアボガトは大好き! 毎日ではないですが、週に3~4回は食べています(^^)/

 

アボカドは「森のバター」と言われている通り、脂肪分が全体の20%も占めていますが、そのうちの67%が不飽和脂肪酸であるオレイン酸。

 

オレイン酸は、善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールを減らしてくれるので健康的です。

 

さらに、アボガトは食物繊維が豊富で優れた整腸作用があります。また、高い抗酸化作用もあり 、動脈硬化や高血圧予防なども期待できます。

 

このほか、アボガトには美肌作りに欠かせない成分がたくさん♪

 

アボガトが美肌にいいことは何となく知っているけれど、具体的にどんな成分が含まれていて、どんな風にお肌にいいのか知らないという方も多いかと思いますので、ここではアボガトの持つ成分の美肌パワーについてまとめてみました。

 

アボガトを使ったレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

食べる美容液「アボカド」に豊富に含まれる美肌成分

コエンザイムQ10

アボカドには高い美容効果、若返り効果が期待できるコエンザイムQ10が豊富に含まれています

 

コエンザイムQ10は私たちの体内にもともと存在している成分なのですが、食生活やストレスなどの影響を受けやすいうえ、加齢とともに減少してしまうので、積極的に摂りたい成分。

 

コエンザイムQ10の美肌効果は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどを産出する美肌には欠かせない真皮の細胞「線維芽細胞」を活性化させてくれること。

 

皮膚のハリ弾力を司るコラーゲンの新陳代謝を活発にさせ、肌の弾力、ハリの源であるヒアルロン酸やエラスチンなどの成分を増やすお肌の若返り成分なのです。

 

また、紫外線や環境ストレスによって生じる活性酸素も抑制します。

 

ビタミンE

アボカドに含まれるビタミンEは抗酸化力が高く、若返りに有効なビタミン

トマトやにんじん、ブロッコリーなどに含まれるカロチノイドは、アボガトと食べ合わせると吸収力を高め、お肌にハリをもたらすビタミンAに変換されます。

 

また、皮膚の新陳代謝を高めるので、シミ防止効果も期待できます。

さらに、体内で酸化されたビタミンEはコエンザイムQ10で元の抗酸化物質に還元することができるので、再び活性酸素を撃退してくれます。

 

アボカドにはビタミンCも含まれています

ビタミンCもビタミンEを還元する働きをするので、体内で理想的な抗酸化ネットワークが作られます。

 

グルタチオン

グルタチオンは抗酸化作用があり、シミ、ソバカスの原因となるメラニン色素の生成を活性化させるチロシナーゼ酵素の働きを抑制させる作用があります。

 

 

美肌フード「アボカド」レシピ集

アボカドをトーストにのせて。

 

アボカドとバラに形どったサーモン、チーズ。オリーブオイルをかけて。

 

酢飯にアボカド、レタス、エビ、カニ棒でつくるカリフォルニアロール。

 

アボカドで天ぷら。

 

からしバターをパンに塗って、トマト、レタスを一緒にいれたアボカドサンドイッチ。

 

アボカドのチーズ焼き。

 

アボカド、ブロッコリー、トマト、レタスにシーザードレッシングをかけたシンプルサラダ。

 

アボカドをフォークでつぶし、マヨネーズ 小さじ2、レモン果汁 小さじ1、塩、こしょう 各少々を混ぜたアボカドディップを、ブロッコリーやアスパラガスにつけて。

 

美上梨花のワンポイントアドバイス♪
アボガトには、コエンザイムQ10、ビタミンE、ビタミンC、グルタチオンの他、ビタミンB6、アミノ酸、オレイン酸など、美肌作りに欠かせない成分が豊富に含まれており、理想的な美肌フードと言えます。

いろいろな食べた方を楽しめる美肌フード「アボガト」

是非、あなたの食生活に取り入れてみて下さい。

ただ、アボカドは高カロリーなので、ダイエットしている方は調整しながら摂って下さいね。

  にほんブログ村 美容ブログへ
みるみる美肌になっていく!!
美上式「完全美肌ガイドブック」プレゼント!!

みるみる美肌になる秘訣、美肌を簡単にキープする技だけをぎゅーーっと詰め込んだ「完全美肌ガイドブック(30ページ)」を差し上げます!!LINE@のともだち登録で今すぐ無料でダウンロード♪
友だち追加

Twitterでフォローしよう